役所が休みの時も申し込みできます

収入証明書は、会社勤務の方であれば、毎月配布される給与支払い明細書だけ(3ヶ月分+賞与明細書も必要になる事も)あれば事足ります。また、それはなくても源泉徴収票があれば問題ありません。そのため、消費者金融などでは自動契約機にて土日祝日でも問題なく申し込みでき、即日融資も可能になります。

 

ただ、給与支払い明細書や源泉徴収票は人によっては、年末調整で使うだけで後は不要になるということで紛失してしまう方、捨ててしまう方もいるのではないでしょうか。そのため、収入証明書が必要となった場合には、それらを使えないということになります。そんな時には役所に行って課税(非課税)証明書をとれますので、それを収入証明書として使えますので問題ありません。

 

ですが、お金が必要になる場面は、何も平日とは限りません。土日祝日でもお金が必要という場合もありますし、銀行が閉まった後にお金が今すぐ必要になるという場面もあります。そんな場合でも消費者金融であれば自動契約機で即日融資出来る可能性があります。ただ、そんな場合でも役所が休みの場合には収入証明書が準備できなくなってしまうのです。

 

収入証明書不要キャッシングでは、仮に給与支払い明細書や源泉徴収票を紛失したという方でも、役所に取りに行く必要がないので、役所が休みでも関係ありません。もし収入証明書が必要となってしまうと、ゴールデンウィークなどのような大型連休は収入証明書がないために申し込みできないのです。収入証明書不要キャッシングはどんな時にも申し込みできます。

 

関連ページ

借りたいと思った時にすぐに申し込みできる
収入証明書不要のキャッシングのメリットとしては、借りたいと思った時にすぐに申し込め、前述のように最短30分でキャッシングも可能になります。
準備する書類が少なくて済む
本来銀行からの融資の場合、本人確認書類、収入証明書、印鑑、印鑑証明書、保証人が必要という場合には保証人に関する書類、住宅ローンなら権利書や様々な書類を準備しないといけません。